岡山ブロック協議会 新年挨拶回り(メディア編)

 1月10日(金)11時45分からはメディアへの挨拶回り。理事長・森敏彰、副理事長・松下真也(岡山ブロック協議会事務局長)、専務理事・永宗洋の3名で引き続き、岡山ブロック協議会の新年挨拶回りに参加しました。

 山陽新聞社本社ビルにて、松田正己 代表取締役社長と名刺交換。岡山の発展と共に歩んできた山陽新聞社の歴史や、地域に根差した新聞社としての活動などお話しいただきました。

 翌日1月11日(土)付の山陽新聞全県版には、10日(金)の来訪者として、訪問メンバーの名前を掲載していただきました。
 昨年は、備前青年会議所の事業である、和気町開催のわんぱく相撲や、備前市日生で開催したクリーン作戦なども取材、掲載していただきました。

 昼食をはさんで13時には、RSK山陽放送へ。永井卓志 常務取締役、物部一宏 営業局長と名刺交換させていただきました。
 昨年は、復興支援チャリティーのPRで森理事長がスタジオ出演させていただいたり、備前焼まつりのPRで、備前市伊部から生中継をしてくださったりと大変お世話になりました。

 14時には、TSCテレビせとうちへ。土井雅人 代表取締役社長、大森知彦 取締役営業局長にお話をいただきました。開局35周年のキャッチコピーは「ピリリ。」。小粒でもピリリと辛い、インパクトのあるテレビ局に!との思いが込められているそうです。

 また、TSCテレビせとうちでは、永宗専務理事の働く「徳永こいのぼり」が 「プライド せとうち経済のチカラ」の取材を受けました。2月には放送予定ですので、 是非ともご覧ください!詳細が決まり次第、お知らせいたします。

 最後の訪問先となったOHK岡山放送。15時に伺い、小坂卓之 専務取締役、真田浩行 取締役技術局長、正木敬太 営業局次長にお会いしました。2021年7月をめどに本社ビルが移転するということで、現在の本社ビルにまつわる話やイルミネーションイベントに関わるある樹木医の話など、面白い話をたくさんしていただきました。

 OHK岡山放送では、毎年、「なんしょん?」の「ミルンへカモン!」のコーナーで「わんぱく相撲」のPRをさせていただいています。特に2016年度のPR隊は最強と言われ、エンディングの「おっさん相撲」は今なお、伝説として語り継がれています。

 一日がかりの大所帯による大移動でしたが、普段では会うことの難しい方にもお会いし、繋がることができました。 東備地域の活性化のために今回の繋がりをしっかりと活かして事業を展開していきたいと思います!

活動エリア

※クリックすると各地域の活動内容をご覧いただけます

地域紹介動画

備前青年会議所では、備前地域の魅力を国内外の人に伝え誘客を図るため、岡山県備前県民局と備前おかやまPR動画を制作しました。

※動画・素材は無償提供しております。お問合せください

新規会員を
募集しています

上記エリアとその隣接地域の20〜40歳の方を対象に新規会員
を募集しています。地域と事業の未来を一緒に創っていく仲間
に出会いませんか?

会員募集 >