2月度例会 備前プレーパーク 子どもの遊び場つくり隊(前編)

 2月15日(土)、備前市久々井にある「備前プレーパーク」において、一般参加者の皆さまを交えて、2月度例会「備前プレーパーク 子どもの遊び場つくり隊」を開催いたしました。NPO法人 備前プレーパークの会さんとの共同企画で、本年度初の対外事業でしたが、飛び込みもあり、70名を超えるご参加で会場も大変盛り上がりました。

 スタートは、広場の清掃から。鹿が出没する地域なので、鹿のフンが大量に散らばっています。10時より作業開始の予定でしたが、9時30分には参加者の方が集まり、大人も子どもも一緒になってまずは鹿のフンを片付けました。

 10時30分からは参加者の方が続々と集結。スタッフを集めてミーティングを行ないました。手前では昼食のカレーを作る羽釜に火が入り、準備も万端です。ご近所の方々もお見えになり、「よろしく頼むよ!」の一言は大変励みになりました。

 11時、いよいよメインの「石拾い&石積みゲーム」へ。ゲーム説明の後、各チーム(4チーム)にわかれ、自己紹介と作戦会議を行ないました。初めて会う人や大人も子どもも関係なく交流できるのは良い刺激になります。

 ゲームスタート!みんな一斉に石を探しにいきます。数分もすれば広場の石は無くなり、なかには掘り出してまで石を持ってくるチームも…。

 集めた石は決められたエリアに積んでいきます。始めは子どもたちに任せていた石積みも、徐々に大人のほうに火がついていきます。そして、タイムアップ。気になる結果は…。

 第4位、ピンクチーム(Aチーム)。集めた石が小石すぎて高く積むどころではありませんでした。最後にいかさまで木槌をのせましたが、ダントツの最下位です。記録125cm(木槌込み)。

 また今回は、NPO法人 国際ボランティア学生協会(IVUSA)の川本真大くん(右から4人目)も活動の視察を兼ねてわざわざ大阪からやってきてくれました。今後の事業でコラボできるといいですね!

 第3位、イエローチーム(Bチーム)。石積みの美しさではナンバーワン。一見すると一番高いようにも思いましたが。記録は163.5cm、悔しさの残る結果でした。

 第2位は、ホワイトチーム(Dチーム)。記録は164cmで好記録でしたが、優勝には一歩及ばず。記念写真も少年が前に立ってしまい、どんな石積みになったのか一歩及ばず…。

 優勝は、グリーンチーム(Cチーム)。てっぺんに木の枝を刺した、いかさま臭漂う積みっぷりでしたが、木の枝の下からの記録が164.5cm。途中のみかんのアクセントも効いています。

 賞品は「日生みかん(はるみ・せとか・ポンカン・はっさく)」。優勝したチームから順に好きなみかんを選んでもらいました。お昼ご飯のデザートはこれに決まりです。

 清掃や片付けはあまり楽しいものではありません。しかしながら、ゲーム要素を取り入れることで、大人も子どもも一緒になって楽しみながら広場の整備をする事ができました。 アイデア一つで変わりますね。皆さんも是非取り入れてみてください。

 そして、程よく運動した後は、みんなお待ちかねの昼食へ。「2月度例会 備前プレーパーク 子どもの遊び場つくり隊(後編)」へ続きます。

活動エリア

※クリックすると各地域の活動内容をご覧いただけます

地域紹介動画

備前青年会議所では、備前地域の魅力を国内外の人に伝え誘客を図るため、岡山県備前県民局と備前おかやまPR動画を制作しました。

※動画・素材は無償提供しております。お問合せください

新規会員を
募集しています

上記エリアとその隣接地域の20〜40歳の方を対象に新規会員
を募集しています。地域と事業の未来を一緒に創っていく仲間
に出会いませんか?

会員募集 >