日台芸術交流展(9月度例会・開幕式)

 9月13日(日)から22日(火・祝)までの9日間、瀬戸内市立美術館ギャラリーにおいて、「日台芸術交流展−「陶」と「彫」−」を開催いたしました。(14日(月)は休館日)

 初日の13日(日)は、オンラインで台湾・屏東を繋ぎ、開幕式を開催。式典の前には9月度例会を行いました。

 今回の展覧会では、公益社団法人 岡山県文化連盟と連携し、文化庁「beyond2020」プログラムにエントリー。「令和2年度 岡山県みんなの文化活動応援事業」にも応募し、助成金を活用させていただきました。

 展示準備は、開幕前日の9月12日(土)10時から17時まで。会場のサイズや備品、それぞれの作品については、事前に把握をしていましたが、展示台に作品を設置したり、ライティングをしたり、来場者の動線を考えたりしていると、計画変更もちらほら。より良い展示にすために、みっちりと作業を行いました。

 会場へ続く1階エスカレーター前では、本会場で行っている看板よりも数倍大きなものを設置。来場者の誘導を図りました。

 翌13日(日)は開幕式。受付では、感染症対策として、手指の消毒と検温、来場者票への記入をお願いし、出品リストとJCニュース、来場記念品の「備前焼 台湾箸置き」をお渡ししました。

 写真は、永宗 洋 専務理事(写真右・(株)徳永こいのぼり)と、松田健太郎 総務広報副委員長(写真左・(有)松健興業)。

 来場記念品の「備前焼 台湾箸置き」。備前陶芸センターで備前焼について学び、現在、備前市地域おこし協力隊で活躍中の􏱖廖 怡雅(リョウ イガ)􏱘さん(台湾出身)が制作してくれました。􏱙

 先着100名様限定ということで、最終日を待たずして配り終えてしまいました。多くのご来場に感謝です。

 開幕式は、9月度例会を済ませた後に、台湾・屏東とオンラインで繋いでの実施となりました。本来であれば、屏東からメンバーを招待し、多くの来賓をお招きした上での開催としたかったのですが、感染症対策として、規模は大幅に縮小。来賓のご案内は控えていたのですが、そのような中でも参議院議員 小野田 紀美 様(代理)と岡山県議会議員 池本 敏朗 様にご出席いただき、瀬戸内市長 武久 顕也 様にもご来場いただきました。

 開幕に合わせ、衆議院議員 阿部 俊子 様、同 山下 貴司 様、参議院議員 石井 正弘 様、同 小野田 紀美 様、同 谷合 正明 様、岡山県議会議員 内山 登 様、同 池本 敏朗 様、備前市長 田原 隆雄 様よりメッセージもいただきました。

 開幕式は、開幕宣言の後、備前青年会議所 森 敏彰 理事長のあいさつ、台湾・屏東國際青年商會 曾煜譡 会長の挨拶と続き、主席者の紹介へ。大変簡単な内容となりましたが、屏東の皆さんと久々の交流を図る、貴重な機会となりました。

🎊日台藝術交流文化祭展覽開幕式🎊與日本備前青商視訊連線中

屏東國際青年商會さんの投稿 2020年9月12日土曜日

 開幕式の様子。オンラインでの環境に加え、通訳を介するタイムラグ、音声のプチトラブルなどもありましたが、何とか形にはなりました。

 台湾・屏東國際青年商會とオンラインを介しての交流は今年3回目を数えることになりました。メンバーが行き来しての交流はできませんでしたが、代わりに作品が行き来をし、オンラインでお互いの声を聞く。今できる、最善の国際交流となりました。

 開幕式の様子は、9月15日(火)付の「山陽新聞 東備版」に大きく掲載していただき、9月10日(木)に、活動エリアである備前市瀬戸内市赤磐市和気町の約35,000世帯へ行った新聞折込によるJCニュースでの告知と相まって、東備圏域の皆さまに私たちの活動を知っていただく良い機会となりました。 

 また、9月19日(土)には、広域岡山圏のビジネス&カルチャーニュースを伝えるニュースサイト「岡山経済新聞」に紹介していただきました。

 この記事は「YAHOO!ニュース」、「gooニュース」、「dニュース」などにも配信され、多くの方に私たちの文化活動を知っていただくことができました。

 様々な団体とも協力しながらの開催となった日台芸術交流展。これからの青年会議所活動を考える意味でも、非常に良いチャレンジとなりました。

 ・日台芸術交流展(作品集)
 ・日台芸術交流展(Asahijuku Camera Team 写真展)

活動エリア

※クリックすると各地域の活動内容をご覧いただけます

地域紹介動画

備前青年会議所では、備前地域の魅力を国内外の人に伝え誘客を図るため、岡山県備前県民局と備前おかやまPR動画を制作しました。

※動画・素材は無償提供しております。お問合せください

新規会員を
募集しています

上記エリアとその隣接地域の20〜40歳の方を対象に新規会員
を募集しています。地域と事業の未来を一緒に創っていく仲間
に出会いませんか?

会員募集 >